刑事事件、少年事件に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉対応事件 〉公正証書原本不実記載罪

公正証書原本不実記載罪

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

公正証書原本不実記載罪

 

刑法157条に定められた罪です。

「公務員に対し虚偽の申立てをして、登記簿、戸籍簿その他の権利若しくは義務に関する公正証書の原本に不実の記載をさせ、又は権利若しくは義務に関する公正証書の原本として用いられる電磁的記録に不実の記録をさせた者は、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。」


ここでいう「公正証書」とは、公証人作成の公正証書のほか、戸籍や登記簿謄本なども含みます。

この罪で裁判を起こされやすいものとして、偽装結婚、偽装養子縁組などがあります。

登記簿がらみですと、他人の不動産の名義を勝手に変更するなどした場合に、この罪にも問われます。

公務員が扱う文書を変更させる目的の多くは、詐欺に絡むものです。そのため、現実の刑事裁判では、詐欺や文書偽造などと一緒に問われていることが多い罪です。


年間1100~1200件程度検挙されている犯罪です。

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

 

横浜駅前事務所

9/26相談会開催

ページトップへ