刑事事件、少年事件に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉対応事件 〉器物損壊

器物損壊

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

器物損壊罪

 

器物破損とも呼ばれる器物損壊罪は、窃盗・交通事故がらみの罪に続いて多く発生している犯罪です。

刑法261条で

「前3条に規定するもののほか、他人の物を損壊し、又は傷害した者は、3年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料に処する。」


と規定されている罪です。

被害者からの告訴がないと起訴できない親告罪です。

警察庁の統計によると、被害物として最も多いのが車両関係。

トラブルで車両の一部を破損させるようなケースでしょう。

また、「物」には、動植物も含まれます。

物を実際に壊すだけでなく、物の価値を失わせることも「損壊」に当たります。かなり広い概念となります。

器物損壊罪だけで身柄を拘束されるケースは多くないですが、勾留までされるケースは相当に悪質と判断されている可能性が高いです。被害者に対する賠償など早期に活動しておいた方が良いでしょう。

刑事弁護はスピードが命です。

刑事弁護人をお探しの方は、お早めにご連絡ください。


無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

 

横浜駅前事務所

9/26相談会開催

ページトップへ