刑事事件、少年事件に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉解決事例 〉神奈川県青少年保護育成条例違反事件の刑事弁護事例

神奈川県青少年保護育成条例違反事件の刑事弁護事例

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

解決事例

 

神奈川県青少年保護育成条例違反で準抗告

厚木市内での神奈川県青少年保護育成条例違反事件の件です。

ご家族から逮捕だけではなく10日間の勾留がされてしまったということで相談を受けました。

10日間の身柄拘束がされてしまうと、家計がもたなくなるということで慌てて相談に来たようでした。

一度されてしまった勾留決定を取り消してもらうには、準抗告という方法があります。

勾留決定は、法律上、住所不定のほか、証拠を隠滅するおそれや、逃げるおそれがあると認めた場合にされます。これらがないという主張が通れば、準抗告が認められ、勾留の決定を取り消してもらうことができます。

ただ、一度出た決定を取り消すのはハードルが高いです。

今回は、

  • 家族の身元引き受け
  • 罪はそれほど重くないこと
  • 定職についていること

などの事情を伝え、早期釈放を求めたところ、これが認められ、釈放となりました。

勾留準抗告


逮捕段階で家族が動き、最初の勾留の決定前に同じ事情を伝えられていたら、勾留の決定自体がされなかった可能性が高かったケースです。

その数日の差で、被疑者の人生が変わってしまうこともあります。

ご家族が逮捕された場合には、少しでも早く動いた方が良いです。

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

ページトップへ